一般内科

こんな症状はありませんか?

  • ・熱っぽい
  • ・喉が痛い
  • ・咳が出る
  • ・頭痛がする
  • ・お腹が痛い
  • ・便秘・下痢
  • ・吐き気がする
  • ・胸が痛い
  • ・動悸がする
  • ・めまいがする
  • ・何となく体の調子が悪い

など

このような症状をお感じの時には、お気軽に豊中市・千里中央のあめのもり内科までご相談ください。「どの科を受診したらいいかわらない」という時でも、お気軽にご連絡ください。

気になる症状があればお気軽に

一般内科では幅広い病気に対応します

img

一般内科では、発熱、喉の痛み、咳、下痢・便秘、腹痛など、日常的によくみられる症状から、糖尿病や高血圧症などに代表される生活習慣病など、幅広い病気に対応します。はっきりと症状が現れている場合はもちろん、「何となく体の調子が悪い」「具合が悪いが、どの科を受診すればいいかわらない」という場合でも、気になる症状があればお気軽にご相談ください。

診断・治療の結果、より専門的な検査・治療が必要と判断した場合には、適切な専門機関をご紹介させていただきます。当院では、地域医療に欠かせないジェネラリスト(総合診療医)として、的確な紹介状を作成し、専門医へきちんと患者様の状態を伝えることに注力しています。患者様と、その方が必要とされている治療との「橋渡し」をすることで、皆様の健康に貢献いたします。

一般内科で診る主な病気

生活習慣病

img

生活習慣病とは、食生活、運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症や進行に大きく関与する慢性の病気のことです。以前は「成人病」と呼ばれていましたが、年齢に関係なく発症することから、名称が改められました。

主な生活習慣病

■糖尿病

血液中の糖の濃度が高くなる病気で、ほとんど自覚症状が現れません。糖尿病が進行すると、網膜症、腎症、神経障害などの3大合併症が起こるほか、動脈硬化を促進して心筋梗塞、狭心症、脳卒中などのリスクが高くなります。

■高血圧症

血圧が継続的に高くなってしまう病気で、自覚症状はほとんどありません。長期にわたって高血圧状態が続くと、動脈硬化を進めて、脳卒中、クモ膜下出血、脳梗塞、心不全などの合併症を引き起こすことがあります。

■脂質異常症(高脂血症)

血液中にある脂質、コレステロールの濃度が高くなる病気です。目立った症状は現れませんが、高濃度状態が慢性的に続くと、動脈硬化を起こし、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などに繋がる恐れがあります。

■メタボリックシンドローム

「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、高血圧、脂質異常、高血糖のいずれか2つ以上を同時に併せ持つ状態を指します。メタボリックシンドロームになると、動脈硬化のリスクが高くなるので注意が必要です。

呼吸器の病気

風邪、インフルエンザ、気管支炎、肺炎、気管支喘息、結核など

消化器の病気

急性胃炎、慢性胃炎、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、便秘症など

その他の病気

アレルギー、花粉症、貧血、めまい、帯状疱疹、認知症など

To Top