お知らせ

新型コロナの病態と重症化予測因子

2021.11.27

今迄のところ、コロナウイルスの感染した人のほとんどは軽症で治ってしまいます。感染者の20%以下が中等症となり、そのうち2,3%が呼吸器管理を必要とする重症となります。ほとんどは軽症といっても、普通の風邪と違うところは後遺症をのこすことがおおいことです。20代の若い方では嗅覚障害や味覚障害が長く続くことが多く、それ以上の年齢では咳や痰が数か月続いたりします。コロナに特異的な後遺症としてはうつや集中力低下などの精神神経症状をきたすことがあることです。また、より重症な後遺症として血栓症があります。脳血栓や深部静脈血栓症が起これば大変なことになります。

最近では、将来の重症化を予測する因子が同定されました。血液を調べることで高い確率で重症となる患者を同定できるようになりました。保険適応です。

そんな勉強をしました。

 

To Top