お知らせ

肺炎と心不全の関係

2019.09.29

 について勉強してきました。
 高齢になると心不全が増えることが知られています。心臓の収縮力は保たれているものの、拡張力がおちるタイプの心不全です。過去にはなかった心不全の概念です。この拡張不全型心不全と肺炎の関係が次第にクローズアップされてくるようになりました。どちらかが相手の誘因となり、どちらかが相手側の症状を悪化させます。確かに、実臨床の場でもその通りだと思わせる例がたくさんあります。

To Top