お知らせ

SGLT2阻害薬が心不全に効く理由

2022.01.13

SGLT2阻害薬はもともと糖尿病の薬として開発されました。もちろん今でもその通りなのですが、どうも腎不全や心不全にもよく効くことがわかってきました。正確には両不全の発生や進行を防ぐということで良くするわけではないので、なるたけ病態早期に使うべきだということです。今では腎不全や心不全のためにスタンダードに使う薬です。糖尿病の有無にかかわらず、まず基本薬として使う薬ということです。

なぜこの薬が効くのかということについて、生化学的に考察する勉強をしました。遺伝子レベルでの実験結果を踏まえてとても興味の持てる勉強をしました。

To Top